インタビュー/美容室 mariage

美容室 mariage 丸山 雅弘 代表

美容室 mariage 丸山 雅弘 代表 MASAHIRO MARUYAMA

この道を志したきっかけや現在に至るまでの経緯をお聞かせください。

高校生の時は、教師か美容師のどちらかになりたいと思っていました。 気持ちの中では教師が99%、美容師は1%の割合だったんですよ。大学受験はしましたが、残念ながら落ちてしまったんですよね(笑)。でもそれが逆に美容師になれってことなんだろうなと自然に思えたんです。

また、母親が美容師をやっていたこともあり、ある意味自然だったのかもしれないですね。道に迷った時は、両方の選択肢を考えて、キレイで明るく見える方を選ぶようにしているんです。想像したときに美容師の方が明るく感じたんですよね。
実際に美容師になった今考えると、会う人、行く場所も全て必然だったんだと感じています。
美容学校を卒業してからは、新橋、渋谷、新宿など都内の美容室で働いていました。共同経営やグループ会社から、出店等を経て、平成15年に独立しマリアージュが誕生しました。

丸山さんが一番心がけていることをお聞かせください。

雰囲気や直感ですね。お客様が入ってきた瞬間の様子を見て、お客様がどういう状態か、何を求めているかなどを感じ取るようにしています。 例えば、彼氏と別れてしまってリスタートしたいと思っているお客様だったら、気分が変わるように、仕事で疲れているお客様なら癒しを優先させるなど、そのお客様が何を求めて来てくださったのかを感じ取る。そういう直感を大事にしています。
また、お客様が美容室に来て、綺麗にブローして完璧にするのは、美容師の自己満足だと思うんです。キレイ
にできるのは仕事だから当たり前。でも翌日自分で同じようにセットし てみたら、同じようにセットできないというのでは、全く意味がないと思っています。
ヘアスタイルは、その日の気分やモチベーションを左右していまいます。ですからお客様自身が、自分で美容室と同じようにセットができ、元気でいられるようなヘアスタイリングをするように心がけています。

丸山さんにとっての「接客」とはどういうものかお聞かせください。

美容室だからといって、髪だけやればいいわけじゃないと思うんです。次の日に新しく一歩進む力や元気を作りたいんです。来てくださったお客様に何ができるか、何を言って上げられるか。何かをしてあげなきゃいけない。希望を叶えたい。『お客様が何を求めているのか』を会話の中でひろっていくことですね。それが究極のカウンセリングであり、接客だと思います。
コミュニケーションは言葉だけでは足りないこともあります。自分の中のインスピレーションを大切にし、お客様から「何でそうしてほしいってわかったの?」と言ってもらえるような、元気が出て、明日への一歩のためのサービスを提供していきたいですね。自分にとって天職だと思っています。

美容室なのに酸素カプセルがあるようですが?

酸素カプセル自体は、元々はNASAが開発したものらしいのですが、ベッカムやハンカチ王子が使っているという話から一般へと広まりましたね。酸素を体内で吸収することで体内の活性酸素を除去する酵素が増加します。疲労感を感じている方などは、効果を強く感じていただけると思います。
代謝も良くなりますので、病気の予防や美容の面でも効果があると思いますので、定期的に通っていただくのが良いと思います。
当店は美容室ですが、髪だけでなく、お客様には元気の元を提供していきたいと思っていますので、美容室同様、元気が足りないと感じている方に是非ご利用してほしいなと思っています。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

お客様には本当に感謝しています。本当にありがとうございます。形やスタイルを変えても究極の接客を目指していきたいと思います。技術だけではなく元気や明日への勇気を提供し、当店に来店して元気がもらいたいと思っていただけるように頑張っていきたいと思います。

※上記記事は2010.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

美容室 mariage 丸山 雅弘 代表

美容室 mariage丸山 雅弘 代表 MASAHIRO MARUYAMA

美容室 mariage 丸山 雅弘 代表 MASAHIRO MARUYAMA

  • 愛読書: ビジネス情報誌など
  • 好きな映画: アクションもの
  • 座右の銘: 一生懸命、やっぱりうさぎはカメには勝てない
  • 好きな場所: 温泉地、景色のきれいな場所、古い街
  • 生年月日: 1967年4月14日
  • 出身地: 千葉県
  • 血液型: A型
  • 趣味: DVD鑑賞、インターネット、旅行

INFORMATION