プラザ歯科 横山 徹 院長

プラザ歯科横山 徹 院長

PROFILE

大学卒業後、都内の歯科医院で診療にあたり、経験を重ねる。1995年、「センター南駅」そばに開業。

この道に至るきっかけと、これまでの経緯をお聞かせください。

昔、父に言われたことです。この世には「先生」と呼ばれる職業が3つある。代議士も先生、学校の先生、そして医者も先生。先生と呼ばれる理由があると。であればそれに足る人間になりたいなと、そう考え歯科医師を目指すようになりました。今こうして自らが歯科医師となって、はたしてそれに値する人間であるかどうかというのは、まだまだだと思います。大学を卒業後、東京の高輪や成城、大手町で勤務医を務め、平成7年(1995年)に『プラザ歯科』を開院致しました。ここは私がまだ学生の時に山を崩して造っていたところなんですよね。新しい街で、新しい人々と共にやっていきたいと考えて、この地を開業の場所に選びました。

『プラザ歯科』の診療方針を教えてください。

なにはともあれ、楽しい気持ちになってお帰りいただきたいと思っています。歯科医師も数ある職業のうちの1つです。野菜が足りなくなれば八百屋さんに行くように、歯が痛くなれば歯医者さんに通う。そのとき、出来れば気分よく野菜を買いたいですよね。歯医者さんもそれと同じでありたいものです。痛みをともなう治療もありますが、終わったあと嫌な気分でお帰りにならないように、努めていきたいと考えています。

特徴的な診療をいくつかご紹介いただけますか?

『プラザ歯科』では最新の機器を導入し、患者さんに出来る限り負担の掛からない治療を目指しています。その1つがレーザー治療です。これは歯肉の炎症を抑えたり、出血を止めるといった治療に用います。また、最近では『X-スマート プラス』という根管治療の機器を導入しました。こちらはいわゆる"根っこの治療"を従来より正確にスピーディーにおこなえるもので、これにより高難度の根管治療をスムーズにおこなうことが可能となりました。当院では一般歯科のほか、矯正歯科や小児歯科、歯科口腔外科を標榜しています。患者さんは、「歯医者さんは歯のことなら何でもやってくれる」と思うものであり、ある意味、街の歯医者さんとはそういうものであることも事実です。無論、範囲を越えると思われる症例に対しては大学病院等へご紹介するといった措置をおこなう必要がありますが、一方で、その方々の期待に出来る限り応えていかねばならないと思っています。それが使命だと思います。出来る限りの事をしてあげたいです。

先生の、「患者さんとの付き合い方」をお話しください。

勤務医時代からの患者さんで、もう何十年もお付き合いをさせていただいてる方がいますが、私がやっていることというのは、本質的にはその頃となんら変わることはありません。その時その時、出来ることを精一杯やっていくのみで、それが今に続いているという感覚です。私はこちらに来ていただいた時点で、患者さんみんなを友達だと考えています。実際、ゴルフに誘われれば仕事に支障がない限り、行くようにしていますしね(笑)。友達だから、その人のためになるようになるべく将来に対しての治療を心掛けています。当たり前のようですが、そのようなスタンスで今後も患者さんと向き合っていきたいと考えています。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

身体に関して、皆さんも定期的に健康診断を受けておられるのではないでしょうか。あるいは、そうでなくとも、スポーツクラブに赴いた時には血圧を計ってみるということもあるでしょう。歯についても同じです。自分のお口の状態を知っておくために、痛くなくとも定期的に歯科医院に足を運ぶ習慣を身に付けていただければと思います。健康の為、歯を守るために、自分に出来ることから始めていただきたいですね。
※上記記事は2014.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

プラザ歯科 横山 徹 院長

プラザ歯科 TOURU YOKOYAMA

プラザ歯科 横山 徹 院長 TOURU YOKOYAMA

  • 好きな映画: ロッキー・シリーズ(最後に必ず勝つところが好きなんです。)
  • 好きな言葉・座右の銘: 一隅を照らす
  • 好きな音楽・アーティスト: 浜崎あゆみ
  • 好きな場所・観光地: 都筑中央公園
  • 出身地: 富山県
  • 趣味・特技: テニス、ゴルフ、モータースポーツ
  • 好きな本・愛読書: 東野圭吾

INFORMATION