センター南の新しい住宅地の中にあって、四季折々の緑と、数多くの種類のお花が楽しめるお寺『正覚寺』をご紹介します。この付近はとても新しい街ですが、こちらの境内に一歩入ると昔から変わらない時間がゆったりと流れているように感じます。梅、つつじ、睡蓮、花菖蒲、紫陽花と、いつの季節にうかがっても色とりどりの花と、深い緑に心が癒される思いです。特に奥の林の斜面一面に植えられた紫陽花が有名らしく『都筑の紫陽花寺』とも呼ばれているそうです。

こちらの『正覚寺』は天台宗の長窪山総泰院と称し、400年の歴史のあるお寺です。美しい庭の散策はもちろんですが、こちらに伺ってみて、平和の大切さをとても感じました。
戦時中は学童疎開に使われたお寺だそうで、その当時、子供達が使ったという井戸が残されています。その頃はきっとこの辺り一体は森の中で、そんな中で心細い思いをして子供達が過ごしていたかと思うと、胸がしめ付けられる思いです。
そのそばには「生命の泉ここにありき」と刻まれた碑が建っています。こちらの井戸は、子供達の尊い命を救った「生命の泉」だったのですね。碑に刻まれた文字は、ひとつひとつ大切に読んでみたい詩だと思いました。そして、今の時代の子供達にも是非、読んでもらいたいと思いました。
ご住職さんは、そんな話や、戦時中のいろいろな話もして下さいますので、是非、お子さんとゆっくり散策してみてはいかがでしょう。

※上記記事は都筑区.jpスタッフにより取材掲載されたものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

INFORMATION

正覚寺
電話 045-942-3151
所在地 横浜市都筑区茅ケ崎東3-12-1
最寄駅 センター南駅
駐車場 0台 有
開園時間 09:00~17:00
休園日 対象外

MAP