インタビュー/ユーズドショップ クラウド 横浜都筑店/都筑家具館

ユーズドショップ クラウド 横浜都筑店/都筑家具館 與曽井 和男 社長

ユーズドショップ クラウド 横浜都筑店/都筑家具館與曽井 和男 社長

リサイクルショップを開店されたきっかけと、お店の特徴をお聞かせください。

卒業後はすぐにレコーディングスタジオに就職し、レコーディング・エンジニアとして活動していたことがありました。大手が強く、インディーズがまだなかった頃でした。そして次の進路を模索していたころ、たまたま前職のリサイクルショップを見つけてこの世界に入りました。バブル前後の時代でしたので、さまざまな商品が取り引きされ、活気がありました。そして自分でも商いを動かしてみたくなり、1997年に独立開業いたしました。
当店は総合リサイクルショップで、さまざまなお客様から多様な商品を買い取らせていただいています。特定の傾向の商品だけを集めているわけではないのですが、巡りあわせか、少し個性的な商品も入ってきます。お客様はそれぞれ多様なライフスタイルを送られていて買い取る商品の個性も様々ですが、一方で品物をお探しのお客様の好みも多様化していますから、「自分のテイストやテーマに沿ったものが見つかる」とご好評いただいています。

お取り扱い商品は、家具、インテリア、雑貨、家電、洋服、楽器、オーディオなどです。、家具、インテリア、雑貨では欧州風のモダンなもの、米国からのレトロテイストのものも多く、都心のセレクトショップに負けません。特に雑貨は当店でアウトレット品を買い付けていますので、新品同様のものが廉価で探せます。

現在ですと、欧州のポップなキッチンウェアを配置していますので、そこで足を止めて見入いるお客様もいらっしゃいます。具体的にはフィンランドのフィネル社製コーヒーポット(復刻版)、伊OMADA製スパイスボトルセット、 英JosephJosephのインデックスまな板セットなどです。こうした著名ブランド商品のほかにも、キャンディ・カラーのアクリル製サラダ・サーバー、ビールを飲むのが楽しくなる卵型のゴブレットなど、魅力的な商品を取り揃えています。特に方針を決めているわけではないのですが、面白い品物が入ってくることがうれしいです。お求めやすいお値段で展示していますので、どうぞ店内でご覧ください。

1997年ご開業とのことですが、17年間の変遷などについてもお聞かせください。

わたしが開業したばかりの頃は、ギターをはじめとした楽器類が売れました。当時は背中に楽器を背負って歩かれている学生さんを多くお見受けしましたが、最近は見かけなくなりましたね。たまに中高年の方にお買い上げいただきますが、若い方はあまり買っていかれません。昔は50万円以上したギブソン・レスポールが現在は半額くらいで買えるようになり、楽器類は敷居が低くなったように思うのですが…..。同様にオーディオにも動きがありません。特にカー・ステレオの取り引きはめっきりなくなりました。最初から購入した車にビルトインで備え付けられているもので満足されるお客さんが多いのかもしれません。以前は「ナカミチ」など高級ブランドの商品が売買されることもありました。そのほかスキー、スノーボード、釣り具などのスポーツ用品についても同様のことが言えます。道具を使ったスポーツをする方が減ってきていることが原因かもしれません。、フライトジャケットやリーバイスのビンテージといった趣味性の高い衣類の取り引きも少なくなりました。

どのような商品の取り引きが多いですか。

入荷して比較的早く売れるのは、「無印良品」ブランドなどのナチュラル系の家具です。特に製品の状態がよいものは、すぐに買い手が付きます。最近の傾向か、あまりブランド性や自己主張が強くない商品が人気ですね。どの空間にもマッチするからかもしれません。家電も同様に無印ブランドが人気です。
ただわたしの個人的な感想ですが、現在売れ筋のものは20年くらい経ったとき、本当に売り物として価値があるのかどうか不安です。多分商品価値は弱いのではないかと思うのです。先行きが不安ですし、このような商品ばかりになってしまうのを、とても寂しく思います。

どの空間にもマッチするということは、どこにでも当てはまる「優等生」です。またコスト削減のため、これまで商品づくりの「定石」とされてきたこともどんどん失われつつあると考えています。商品の「持ち」の問題もありますし、大量生産時代のものはいつしか飽きられますから、価値が持続するかどうかは疑問です。また以前は、うんちくも含めて人がモノに「ストーリー」を求めていた時代だったとも言えます。たとえばこの一人がけの赤いソファですが、どんな職人がいつどのようなユーザーを想定して作られたのか、少し想像したくなりませんか?壊れたら、悔しい気持ちにもなります。一方どこにでもハマる「優等生」には、なんだか愛着もわかない気がするのです。

サービスで心がけていることについてお聞かせください。

取り扱う商品は、いわば中古品です。ですので商品の状態をじっくり拝見した上で、クリーニングや修繕をして、そのまま自分で使いたくなるような状態まで「手直し」をして展示します。ひとつひとつが次のお客様をお待ちする大切な品物ですので、「こころ」を込めてお直しをしています。キズが「味」になるものもありますが、それはレアなケースです。

最後に地域のみなさまにメッセージをお願いします。

大手のショッピングモールはさまざまな商品であふれていますが、チェーン化されているがゆえに「どこにでもありそうなもの」も多く見かけるのではと思います。都心まで出かけなくても、ちょっとエスプリの利いた商品がございます。掘り出し物があるかもしれません。
※上記記事は2014.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

ユーズドショップ クラウド 横浜都筑店/都筑家具館 與曽井 和男 社長

ユーズドショップ クラウド 横浜都筑店/都筑家具館 KAZUO YOSOI

ユーズドショップ クラウド 横浜都筑店/都筑家具館 與曽井 和男 社長 KAZUO YOSOI

  • 好きな映画: サボテン・ブラザーズ
  • 好きな言葉・座右の銘: 形あるものはいつか壊れる
  • 好きな音楽・アーティスト: 70年代のブルース・ロック、フォーク・ロック。ニール・ヤング、CSN&Y、クラプトンなど。
  • 好きな場所・観光地: みなとみらい
  • 生年月日: 1969年2月10日
  • 出身地: 神奈川県相模原市
  • 血液型: A型
  • 趣味・特技: 音楽鑑賞、ギター

INFORMATION