インタビュー/ひぐち歯科クリニック

ひぐち歯科クリニック 樋口 嘉彦 院長

ひぐち歯科クリニック 樋口 嘉彦 院長 YOSHIHIKO HIGUCHI

この道を志したきっかをお聞かせください。

両親が商売をしていたので、自分もいつか商売をするようになるんだろうなぁと、漠然と思っていました。両親にはいつも「手に職を」と言われてましたね(笑)。将来は何か人のために貢献できる職業に就きたいなと考えていた私は、進路を考える年齢になったとき、いつも治療してもらっていた知り合いの歯医者さんの事を思い出しました。そこで歯科医という職業は人のためになるし、手に職もつくと考え、歯学の道に進んだわけです。

開業に至るまでの経緯や都筑区を選んだ理由をお聞かせください。

歯学部を卒業後は、富山県や相模原で勤務し、その後港北区で開業しました。ところがその場所が再開発されることになって、大幅に環境が変わってしまうことがわかり北山田に移転しました。この辺りは当時山ばかりで何もなかったのですが、現在ではグリーンラインも通り、新しく綺麗な町になりましたね。北山田駅の目の前ですので、患者さんにとっても、通いやすく便利な場所になりよかったと思っています。

院長先生が診療の際、心がけている事をお聞かせください。

「丁寧に、できるだけ痛くないように治療する」ことをいつも心がけています。当院は小児歯科もありますので、泣かせないように、歯医者嫌いにさせないように注意して診療しています。子供の目線で話をして、少しずつ機械に慣れていってもらいます。スタッフもみんな優しく接してくれているので、お子さんも安心して受診していただいています。
港北区で受診されていた患者さんで、こちらまで通ってきてくださっている方も多く、これからも患者さんとの信頼関係を大事にしていきたいと思っています。

院長先生の休日過ごし方をお聞かせください。

普段の休みの日は、家族と過ごしています。高校生の娘がいるのですが、お互い忙しくて時間が合わないので、ゆっくり過ごすことができないんですよ。その分、休みの日には娘と一緒にドライブや買い物へ出かけたりしています。他には、近隣の歯科医院の先生と一緒に自転車に乗って過ごす事もあります。皆で待ち合わせて多摩川に走りに行ったりするんですよ。佐渡ロングライドに出場したこともあるんですよ(笑)。

最後に地域の皆さんへメッセージをお願いします。

地域に根付き、地域の歯科医療のレベルをあげていけるような診療をしていきたいと思っています。一生懸命頑張っていきますので、これからも宜しくお願いします。

※上記記事は2009.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

ひぐち歯科クリニック 樋口 嘉彦 院長

ひぐち歯科クリニック樋口 嘉彦 院長 YOSHIHIKO HIGUCHI

ひぐち歯科クリニック 樋口 嘉彦 院長 YOSHIHIKO HIGUCHI

  • 愛読書: ジャンルに関係なくなんでも読みます。
  • 好きな映画: 主に洋画
  • 座右の銘: 一期一会
  • 好きな音・アーティスト: AOR
  • 好きな場所・観光地: オーストラリア
  • 生年月日: 1960年7月4日
  • 出身地: 大阪
  • 血液型: B
  • 趣味・特技: 自転車(ロード)

INFORMATION